使用機材

当校は単発機で自家用操縦士課程~計器飛行証明課程~事業用操縦士課程の訓練を実施します。

将来に直結するレベルの高い訓練を実現するため、アメリカ空軍士官学校やエミレーツ航空の自社養成課程などで採用実績がある「シーラスSRシリーズ」を単発訓練機に採用。

多発限定課程の訓練には、この度新しく日本に入ってくるイタリア製の双発機「テクナム式P2006T型」を採用し、効率の良い訓練を実施します。

シーラス式 SR20型 (単発機) 自家用操縦士課程~計器飛行証明課程~事業用操縦士課程


訓練機シーラスSR20

シーラスSRシリーズは、アメリカ空軍士官学校やエミレーツ航空の自社養成課程など、世界中の訓練学校で採用されている優れた次世代訓練機です。日本においては、独立行政法人 航空大学校がSR22を次期訓練機に選定しています。

SRシリーズは、エアライン機の航法を再現可能なシステムを搭載しているため、将来に直結する訓練を実施できます。また緊急用パラシュートをはじめとする最新の安全機能も備わっているため、安心して訓練に臨むことができます。

テクナム式 P2006T型 (双発機) 多発限定課程

訓練機テクナムP2006T

多発限定課程の訓練を実施するのは、この度新しく日本に入ってくるイタリア製の双発機テクナム式P2006T型です。

軽量な機体と独特の形状の翼、優れた燃費が特徴で、効率的で経済的な訓練を可能にします。

イタリア空軍の訓練機にも採用されています。

レッドバード社製FTD(Flight Training Devices)

シーラス式SR20型のコックピットを模した操縦訓練装置です。

悪天候や機材の故障をはじめとする様々な設定のもとで操縦練習を行うことができます。

課題を繰り返し再現したり、飛行の一時停止・巻き戻しをしたりすることも可能です。操縦者を映す小型カメラも設置しているため、機器を操作する手順についても振り返ることができます。

詳しくはこちらをご覧ください

 

FTD   FTD