訓練の流れ

ライセンス保持者編入制度によって編入した場合の訓練の流れをご紹介します。

以下の日程は第2期編入生のケースです。実際の日程は入校時期によって異なります。

訓練の内容・期間は、入校者の技量や操縦経験、在校生の訓練の進捗状況等により、変更になる場合があります。

プロ・パイロット養成コース(第2期編入生のケース)

技量に応じた追加訓練

2017年5月までに

入校

2017年5月

座学
(事業用・計器)
 

2017年5月

事業用操縦士課程①
(73時間)
事業用操縦士 学科試験 受験
計器飛行証明 学科試験 受験

2017年10月

計器飛行課程
(47時間)
事業用操縦士課程を3分の2終えた段階で、いったん計器飛行課程へ移行
計器飛行証明を取得

2018年4月

事業用操縦士課程②
(30時間)

2018年6月

多発限定課程
(30時間)
航空身体検査(第1種)受検

2018年9月末

卒業
操縦士免許に加えて、卒業までに以下の資格を取得します
・航空無線通信士
・航空英語能力証明(レベル4以上)