プロ・パイロット養成コース 受験案内

「プロ・パイロット養成コース」訓練生募集にあたっては、将来、確実にプロとして通用する人材を選抜するため、入学試験を実施します。

当校の入学試験では、これから教育訓練を受けるにあたって重要な、考える力や、頭の回転、心理適性や操縦の素質などを重点的に測ります。大学の入学試験で求められるような学力は問いません。

10月入校の通常募集は基本的に未経験者を対象としているため、航空に関する専門知識も必要ありません。

募集要綱

募集要綱 概要

資格・経験  :  未経験者※1
年齢・性別 : 入学時点で満18歳~35歳(性別不問)
学歴 : 高等学校卒業程度の学力を有すること

身体要件

:

航空身体検査(第1種相当)に適合していること

募集期間 : ※2018年の募集についてはこちら
入校 :  

募集人数

:

 

※1

ライセンス保持者・操縦経験者も受験可能ですが、他の訓練生と共に自家用操縦士課程の最初から訓練を受けることになります。「ライセンス保持者編入制度」についてはこちらをご覧ください。

 

 

受験案内

※2017年(第3期生)の募集は締め切りました。以下の資料は参考までにご覧ください。

 

ダウンロード   プロ・パイロット養成コース 第3期生 受験案内
ダウンロード   プロ・パイロット養成コース 第3期生 教育訓練費及び算定基準
ダウンロード   航空身体検査の受検と操縦練習許可書の取得

 

 

選考の流れ

※以下は第3期生(2017年10月入校)の日程です。参考までにご覧ください。

詳細については、冊子『受験案内』をご覧ください。

次回以降、選考の内容等が変更される場合があります。

 

2017年1月4日~3月23日

募集期間
こちらのページの上部にあるフォームから出願手続きを行ってください

2017年1月17日~4月2日

一次試験
(能力・心理適性検査)
各自で最寄りのテストセンターを予約して、期間内に受験してください

2017年4月15・16日、22・23日

二次試験
(操縦適性検査・面接)
下記日程で試験を実施します(出願時に①②いずれかを選択)
① 東京JAPA会場 :4月15日又は16日のいずれか当校の指定する日
② 鹿児島FTC会場:4月22日又は23日のいずれか当校の指定する日

2017年5月1日

合格発表
入校までに、各自で以下の国家試験を受験し、合格してください
・自家用操縦士 学科試験
・航空無線通信士 又は 航空特殊無線技士

2017年6月4日

入校説明会 兼 契約締結会
入校契約を締結します
 
この日までに「航空機操縦練習許可書」を取得しておく必要があります
詳しくはこちらをご覧ください

2017年10月2日

入校

 

 

航空身体検査の受検と操縦練習許可書の取得

イメージ画像

民間航空操縦士訓練学校の入校希望者は「入校説明会 兼 契約締結会」までに、

・第1種相当の航空身体検査を受検し、
航空機操縦練習許可書を取得しなければなりません。

手続き完了までには1ヶ月半~2ヶ月程度の時間がかかります。受験をご検討の方には、早めの手続き開始をお勧めします。

 

 

一次試験

イメージ画像

一次試験では、能力・心理適性検査を実施します。

 

 

二次試験

イメージ画像

二次試験では、FTD(Flight Training Device)による操縦適性検査及び面接を実施します。

 

 

入校までに取得する資格

入学試験に合格した方は、入校までに以下の資格をご自身で取得しておく必要があります。

・自家用操縦士 学科試験 全科目合格

・航空無線通信士(又は航空特殊無線技士)免許取得

 

◆合格者対象の国家資格試験対策講座

上記の試験は、参考書を読んでよく勉強すれば、独学で合格することが可能です。

しかし、どこから手をつけて良いのかわからない、何を教材に勉強すれば良いのか教えてほしい、という方もいらっしゃるでしょうから、合格発表後、合格者および補欠合格者を対象に講習会を実施します。(希望制・有料)

詳しいご案内と申込書は、二次試験合格者および補欠合格者に対してお送りします。