訓練の特色

当校では、一貫した国内訓練と少人数教育で、質の高い訓練を提供します。

訓練機には、エミレーツ航空の自社養成課程やアメリカ空軍士官学校を始めとする世界中のプロ・パイロット養成機関で採用されている高性能機「シーラスSRシリーズ」を採用。

日本の航空界に精通した専門家が将来に直結するカリキュラムを監修し、独自の高度な訓練を実施します。

 

一貫した国内訓練

イメージ画像  

当校は鹿児島空港に拠点を構え、一貫した国内訓練で質の高い教育を提供します。

日本は、世界でも有数のハイレベルな訓練が求められる国です。すべての訓練を国内で実施することで、エアラインの求める高い技量を身に付けます。

 

 

少人数教育

イメージ画像  

当校では、訓練生3~4人につき、ひとりの担当教官が付きます。

訓練生各々の進度に合わせた丁寧な教育ができるほか、厳しい訓練を続けていく中での良き相談相手となります。

 

 

各分野のスペシャリストが教官に

イメージ画像  

当校では、整備士や運航管理担当者が専門的な座学教育を担当します。

校舎が格納庫に直結しているため、実機を使った座学教育も容易に実施できます。

 

 

ネイティブによる航空英語教育

イメージ画像  

航空機の訓練経験があるイギリス人講師による英語の授業を実施します。

日常的に使用する航空無線での会話能力を向上させるほか、航空英語能力証明レベル4以上の取得を目指します。

 

 

エアラインについて学ぶ特別授業

イメージ画像  

通常の座学教育に加え、CRMや 各種規程類を題材にした、エアラインの運航を理解するための特別授業を実施します。

エアラインの教育・訓練担当者など、貴重な外部講師による特別授業も企画します。

 

 

エアラインの運航を模した航法訓練

イメージ画像  

当校の訓練機シーラスSR20は、エアライン機の航法を再現することが可能な高性能アビオニクスを装備しています。

そのシーラス機を用いて、計器飛行課程では特別授業として、専門家監修のもとエアラインの運航を模した航法訓練を実施します。

 

 

就活指導

イメージ

民間航空操縦士訓練学校では、免許取得のための訓練だけでなく、エアラインパイロットとしての就職に向けても全面的なバックアップを行います。

追加訓練コース  設立予定!

イメージ画像  

◆ エアライン機型式限定 対応訓練コース

「プロ・パイロット養成コース」を修了した後の追加訓練課程として、大型機のレーティングを取得するためのコースを設立する予定です。

国内または海外の訓練学校の施設を利用して、本格的なエアライン機のシミュレーターを使用した訓練を実施します。

詳細はこちら