TOP > フライトスクール > エアライン就活支援プログラム

 

 

 

CAP-NEXT

エアライン就活支援プログラム

 

 

 

イメージ

 

パンフレット

 

株式会社Japan General Aviation Service は、フライトスクールや大学等で操縦士免許を取得し、エアライン・パイロットを目指している方を対象にした「就活支援プログラム」を実施しています。
現役のエアライン審査機長や、元航空会社の採用担当、訓練審査部に所属していた元エアライン・パイロットなど、エアラインが求める人材を熟知した講師陣による充実した就活指導を実施!
チャンスを確実に掴むために、万全の態勢で採用試験に臨みましょう!


※民間航空操縦士訓練学校「プロ・パイロット養成コース」の訓練生には、訓練課程の中で同等の就活指導を実施します。

 

 

概要

対象:

国内航空会社の運航乗務員募集に応募可能なライセンス類(操縦士免許等)を取得している方

または取得見込みである方

場所: 東京都内
日程:

随時受付。受講日及び受講時間は都度ご相談の上アレンジいたします

(原則として年末年始を除く平日・祝祭日9:00~18:00 / 土日も応相談)

費用: 6万円(6時間/税抜) ※ 時間追加:1時間あたり1万円
内容:

マンツーマンによる面談:6時間 [2時間×3回 又は 3時間×2回]

・模擬面接:2~3回(約1時間ずつ:面接後の講評を含む)
・当校講師による就活指導:約3時間
・エアライン審査機長によるアドバイス:1時間

  ・オプション:

ビジネスマナー講習(受講日の調整により2名以上で参加可能な場合):1名1万円

 

 

提出書類の添削

応募資格があるにもかかわらず、書類選考で門前払いされてしまうのは絶対に避けたいところです。また、提出書類の内容は面接でも言及される可能性があるため、面接での受け答えとも併せてよく吟味しなければなりません。
エアライン就活支援プログラムでは、当校講師が自分を魅力的にアピールする書類の書き方を指導します。
  提出書類のイメージ

模擬面接・面接のアドバイス

エアラインの面接アドバイス  
エアラインの就活では、面接での受け答えが不十分であったり、的を外していることが原因でつまずいてしまう人が多くいます。
エアライン就活支援プログラムでは、元航空会社の採用担当や、訓練審査部に所属していた元エアライン・パイロットなど、エアラインが求める人材を熟知した当校講師陣が採用面接を再現します。
それを踏まえた上で、マンツーマン指導ならではの、内容に深く踏み込んだアドバイスをします。

エアライン審査機長によるアドバイス

現役のエアライン審査機長が、エアラインの運航全般や、いま真に求められているパイロットの資質などについて、幅広くブリーフィングします。
貴重な現場の声を聴き、エアラインパイロットとして何が求められているのかを正しく理解することで、自分に何が欠けているのか、何が間違っていたのかを再認識でき、面接での受け答えもより的確に行えるようになるでしょう。
  エアラインのイメージ

 

 

 

お申し込み・お問い合わせはこちら   お問い合わせ