部品
2015/11/16

新車導入

JGAS Aero Parts
JGAS AVIATION BLOG

新車といっても、自動車ではありません。部品を運ぶための新しい台車を導入しました!

弊社は、入荷した部品が予備品証明を取得する必要がある場合、最寄りの東京航空局や成田検査官室等に部品を持って行きます。

予備品証明検査は書類検査と現物検査の双方が行われるため、部品自体を航空局の検査官室まで持ち込む必要があるのです。

部品が小さくて、且つ手で持てるようであれば良いのですが、箱の大きさが大きくなると手で持ち運ぶのが難しくなります。

そんな時に毎回車を使うのも経費の無駄だし、、、何か良いものは無いものか・・・?と考えていました。

手押し台車は、部品が落下する可能性があるし、雨の日は使用不可。

部品を運ぶ手押し台車

「こんな物が欲しい」というイメージでは、空港でバルクカーゴを運ぶ台車。

空港でバルクカーゴを運ぶ台車
花岡車輌株式会社様ウェブサイトより引用

もちろん、ここまで大きな物は大変なので、手で引ける程度のものが欲しいのです。

お得意のネットサーフィンでいろいろ探していると・・・

Amazonで、それらしき台車?を発見。

キャンパーズコレクション マルチボックスキャリー
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00U3C60PO/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00

買ってみました。(JGASは仕事の効率化に繋がる便利グッズは、よほど高価でない限り稟議で落ちることがないのです)

届いたその日に、部品の入った箱を入れてみたら、もうバッチリです。(モデルは、Aero Partsスタッフの渡辺です)

キャンパーズコレクション マルチボックスキャリー

しかも、雨の日にも安心な屋根付き。

航空機の予備品証明を受ける部品を載せる台車

2~3点までの予備品証明検査は、この台車が活躍する事になりそうです。

しかも、使用しない時はコンパクトに折りたためて場所をとりません。

航空機の予備品証明を受ける部品を載せる台車

もっと早くこの台車に出会っていたかったと思うAero Partsスタッフ一同でした。


航空機部品販売のJGAS Aero Parts