航空機
2017/04/27

P2012”トラベラー”最新情報

航空機事業部
JGAS AVIATION BLOG

弊社が日本総代理店を務めるイタリアの航空機メーカー・テクナム社は、P2012”トラベラー”という双発機の開発を進めています。

最大11席の小型飛行機で、旅客/貨物輸送のほか、航空測量など様々な用途での需要も見越しています。

先日ドイツで開催されたジェネラルアビエーション業界最大級のトレードショー「エアロ・フリードリヒスハーフェン」にて、開発中のP2012に関する詳細情報の発表がありましたので、早速その一部をお伝えいたします。

まずは機体の概要から・・・

全高:4.4m(14.4ft)
全長:11.8m(39.7ft)
翼幅:14m(46ft)
標準空虚重量:2250kg(4960lb)
有効最大積載量:1350kg(2976lb)

テクナム P2012 トラベラー

エンジンは、ライカミング社のピストンエンジンTEO-540-C1A (375馬力)を2基搭載します。

航空用ガソリン(100LL)のほか、それよりも安価な自動車用ガソリン(ハイオク)が使用可能です。

*日本国内でハイオクガソリンを使用するためには、製造メーカーの承認が必要です。(ASTM,EN規格は承認済)

TEO-540-C1A は、運転条件に基づいて点火のタイミング、燃料噴射のタイミング、燃料混合気を断続的に監視・調整する電子コントロールシステム「EECS(Electronic Engine Control)」を搭載しています。これによって、マグネトー及びミクスチャーレバーが不要になります。

テクナム P2012 トラベラー

このほか、P2012”トラベラー”の特徴としては、最先端の装備を備えながらも、極力シンプルな設計であるという点が挙げられます。これはテクナム社のすべての航空機に一貫して当てはまるポリシーです。

シンプルであるが故に整備が容易で、例えば、固定脚を採用することで整備コストを大幅に削減しています。また部品も交換が容易になっています(100%CAD設計)。

機体の外装・内装の詳細や、搭載するアビオニクスについては、また機会を改めてこちらのブログでご紹介いたします。ご期待ください!

TECNAM

関連記事