<![CDATA[JGAS AVIATION BLOG]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/ Sat, 24 Jun 2017 10:51:12 +0900 Thu, 22 Jun 2017 09:14:24 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[挑戦]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/22/337 皆さんこんにちは。JGAS教官の中村です。
いつもありがとうございます。

さて今回は少し違った内容で書きたいと思います。

私がここまでのいつも頭に置いているのが「挑戦」です。

挑戦をする人は、失敗しても伸びが早く、成長が早いと言われています。失敗しても得るものが沢山あります。

また成功した際に、その喜びは一生の財産になり、また次回、挑戦する際のばねになります。本当に大きなばねになります。


操縦訓練も同じだと思います。

私は、いつも担当する訓練学生に、「挑戦をして、いっぱい失敗しなさい。それが成功への近道です」と言っています。。。

最初からうまくできないのは当たり前ですから。。。


私も技能証明や教育証明の訓練を始める際に、周りからはまだ若く経験もないのに大丈夫?とか思われていたかもしれません。(同期や、教官の皆様には、応援していただきました。感謝感謝です)

しかし、「挑戦しなければ何も始まらない。一番よく分かっているのは、自分」と言い聞かせて挑戦し頑張ってまいりました。その結果が今、教官として操縦教育を行えています。

これからも一日一日を大切に、小さなことから挑戦し、安全飛行を続けたいと思います。

挑戦する気持ちを忘れずに、一歩一歩前進していきます。


これから訓練を始める皆様は、挑戦を忘れずに頑張ってみてください。

絶対に夢は現実になるはずです。


操縦教官 中村

]]>
Thu, 22 Jun 2017 09:14:24 +0900
<![CDATA[燃料について]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/19/335 こんにちは、鹿児島の整備担当です。

今回は、航空機の燃料についてお話ししてみたいと思います。航空機の燃料って、、、車と同じなのでしょうか?


では、まず皆様ご存じの車の燃料についてレビューしてみましょう。

車の燃料は大きくガソリンと軽油に分かれます。

これはエンジンの種類で変わります。ディーゼルエンジンの車は軽油ですね。

この辺は、皆さんよくご存じかと思うのでこれ以上は割愛させて頂きます。


では、本題の航空機はどうなんでしょうか?

実は、航空機も車と同様にエンジンの種類で燃料が変わります。

航空機には大きくタービンエンジン・ピストンエンジン・ディーゼルエンジンに分かれます。

ピストンエンジンはガソリンを使用し、民間機のタービンエンジンとディーゼルエンジンはケロシンという灯油に似た燃料が使用されます。

そこで、航空機に使用される燃料について、簡単な特徴を紹介したいと思います。


航空機用ガソリン

車のガソリンとは、ひと味違います。

通称Avgas(Aviation Gasoline)と言われるガソリンが使用されています。

一般的にガソリンは揮発性が高く、空気中にその蒸気が1.5~6.0%含まれると、0℃以下でも引火し急激に燃焼する。また、ガソリンの蒸気は空気より重いので、風通しが悪いと、低い場所にたまり、危険な状態を生じることで有名です。

日本を含む世界的に使用されているAvgasは100LLで、オクタン価が100で鉛が少しだけ含まれる有鉛ガソリンです。

車のガソリンと同様に、Avgasも着色されており100LLは青色です。

ちなみに、車のレギュラーガソリンはオレンジ色に着色されています。

セルフ給油でもガソリンは真っ暗な燃料タンクに入っていきますから、外からオレンジ色とは分からないかもしれません。


ケロシン

ケロシンとは、JIS規格における「航空タービン燃料油」の1種で他にワイドカット系が存在します。 ケロシン系ジェット燃料を一般的にケロシンと呼んでいます。

ケロシン系ジェット燃料はJET A・JET A-1・軍用規格のJP-8が存在し、引火点がガソリンより高いため、ガソリンに比較し、火災の危険性は低いが、引火点またはそれ以上の温度では、ガソリンと同様の注意が必要です。

色はガソリンと違い無色透明です。

ケロシンは、量り方がガソリンと違うことも大きな特徴かもしれません。

ガソリンはリットル・ガロンといった体積で量を表しますが、ジェット燃料はポンド・キログラムといった重量で表されることが多いです。(一部の小型機を除く)

これは、温度によって燃料の体積が変化するためで、例えば-30度のアラスカから20リットルのケロシンを常夏のモルディブに持っていくと10%ほど体積が変わってしまいます。

大型旅客機の燃料補給をする時は、必要燃料量が重さで指定されるため、その時の密度で補給量(リットル・ガロン等の体積)を計算し燃料を補給する必要が出てきます。

大型機の燃料補給には電卓が欠かせません。


今回は、大きく2種類の航空機用燃料を紹介させて頂きました。

次回、燃料の話をするときは、バイオ燃料の話題でもやってみましょうか。

それでは、引き続き、安全で確実な整備を提供して参ります!

]]>
Mon, 19 Jun 2017 09:34:54 +0900
<![CDATA[ルフトハンザ航空がシーラスSR20を訓練機に採用!]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/15/334 ルフトハンザ航空のグループ企業であるルフトハンザ・アビエーション・トレーニングが、シーラス・エアクラフト社の単発プロペラ機「SR20」を次期訓練機に選定しました!

米国アリゾナ州フェニックスの訓練施設では、ルフトハンザ航空だけでなく、訓練を受託している全日本空輸(ANA)、KLMオランダ航空、スイス航空をはじめとする世界有数の航空会社のパイロット訓練にもSR20が使用されます。

シーラスSRシリーズは、エアラインパイロットを養成する訓練機として世界的に高い評価を得ています。

各国の国立訓練学校や名門大学のほか、エミレーツ航空の自社養成課程や、国内唯一の公立エアラインパイロット養成機関である独立行政法人航空大学校も、SRシリーズを訓練機に採用しています。(SRシリーズを採用している主な訓練機関の一覧はこちら

SRシリーズが選ばれる理由のひとつが、小型機でありながらエアライン機に近い環境を再現できる、シーラス独自の高性能コックピットシステム「Cirrus Perspective +」です。

計器はすべて電子化されており、2枚のフライトディスプレイに表示されます。詳細なマップや地形情報、チェックリストなども画面上で確認できます。

システムの操作には、エアライン機で採用されているものに近い形のキーボードコントローラーを使用します。

また、オートパイロット(自動操縦装置)には、手動操縦中に速度などが危険な値になると、直ちに作動して姿勢を立て直す「自動リカバリーシステム」が搭載されています。

これらはエアライン機には当たり前に搭載されている機能ですが、小型機にとっては画期的なものです。初期課程から将来を見据えた実践的訓練ができるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

訓練生が単独飛行を行う機体でもあるため、緊急用パラシュートシステムなどの高度な安全機能が多数搭載されている点も、高く評価されています。

シーラスSRシリーズの装備・機能については、CIRRUS JAPANの公式サイトで詳しくご紹介しています。

この度、ルフトハンザ・アビエーション・トレーニングが導入する25機のSR20のデリバリーは、2017年10月に開始され、2018年2月までに完了する予定です。

CIRRUS JAPAN

]]>
Thu, 15 Jun 2017 13:42:58 +0900
<![CDATA[シーラスSRシリーズ、4年連続 世界最多デリバリー!]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/15/333 シーラス・エアクラフト社の「SRシリーズ」が、2016年の小型機デリバリー機数ランキングで世界第1位に輝きました!

SRシリーズは、2013年に初めて世界一になって以来、その王座を明け渡していません。

スタンダードモデルの「SR20」、より強力なエンジンを搭載した「SR22」、そしてターボチャージャーを搭載した「SR22T」の三機種から成るSRシリーズは、緊急用パラシュートをはじめとする高度な安全機能や、最新のアビオニクスを搭載するなど、従来の小型機の常識にとらわれない進化を遂げてきました。

自家用機のオーナー様からご好評をいただく一方で、プロ・パイロットを養成する訓練機としても世界的に高い評価を受けています。

日本においては、10機のSR22が、独立行政法人航空大学校の次期訓練機として、帯広分校に配備されることが決まっています。

海外では、エミレーツ航空、ルフトハンザ航空などの航空会社や、アメリカ空軍士官学校が、シーラスSRシリーズを訓練機に採用しています。

SRシリーズの性能や各種機能・装備については、CIRRUS JAPANの公式サイトで詳しくご紹介しています。

こちらのブログでも、シーラスSRシリーズ、そしてVision Jet の魅力をたくさん発信してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

※ GAMA『2016 General Aviation Statistical Databook & 2017 Industry Outlook』

CIRRUS JAPAN

]]>
Thu, 15 Jun 2017 10:00:00 +0900
<![CDATA[プレゼントを発送!?]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/12/332 こんにちは。関東地方の梅雨入りが発表されましたね。
JGAS Aero Partsです。

お陰様で毎日、全国のお客様へ部品や器材を発送させて頂いています。ご愛顧頂きありがとうございます。

さて、梱包・発送が得意のAero Partsに発送依頼が社内より入ってきました。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

領収検査場に入荷したのは絵本。そして、“1才からのかっぱえびせん“。

!!!!????

絵本にお菓子!?誰に!?

実は、この4月から “社員の子供が中学校を卒業するまで誕生日に毎年プレゼントを贈る“という社員向けの福利厚生がスタートしたのです。Aero Partsがその梱包および発送を担うことになりました。

いやー、こんな絵本、子供の頃以来、数十年ぶりに見ました。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

「そら」という図鑑には、飛行機やヘリコプターも載っています。


今回、めでたくお誕生日を迎えたのは、帯広事業所の社員のお嬢様。1才になるので、人生で初めての誕生日です。

JGAS Aero Partsは絵本もお菓子も領収検査を実施します。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

Expire dateは・・・OK。子供向けの無添加だからか、賞味期限が短い・・・

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

弊社代表取締役からのお手紙も、全部ひらがな。1才でも読める!?


JGAS Aero Partsには、部品等の発送用の箱しかありません。

さすがに、誕生日プレゼントをAero Parts BOXでは届けたくない・・・

よし。ラッピングしよう。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

箱をラッピングするのはJGAS Aero Parts初の試みです。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

大きな箱を包装するのは、意外と大変。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

丁寧に丁寧に・・・

社員のお子さんへ誕生日プレゼント

いやー、やっとプレゼントらしくなりました!

JGASはお客様サービスにおいて、「JGASだからできること」をモットーに頑張っておりますが、社内向けにも「JGASだからできること」を頑張っていくようです。

JGAS Aero Partsも積極的に協力していきたいと思います!


PS…

後日、社員よりプレゼントに喜ぶ?子供の社員が送られてきました。かわいいですねー。

社員のお子さんへ誕生日プレゼント   社員のお子さんへ誕生日プレゼント
]]>
Mon, 12 Jun 2017 09:00:00 +0900
<![CDATA[民間航空操縦士訓練学校 第3期生の入校説明会を実施しました]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/08/330 いつも当ブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。民間航空操縦士訓練学校担当の斉藤です。

6月4日(日)民間航空操縦士訓練学校の合格者に対して、入校説明会(契約締結会)を東京事業所にて実施しました。

午前中は、教育訓練費(弊社では委任料と呼んでいます)の納付と受領の仕組みを詳しく説明しました。

民間航空操縦士訓練学校では、2年間の訓練期間を6ヶ月毎の4期に分けて、訓練費用を前納していただく形式を採っています。訓練が始まれば1ヶ月毎に精算し、前納委任料の残高をお知らせする仕組みです。

教育訓練費(委任料)は「固定費」と「変動費」に分かれています。固定費は入校時点で確定しますが、変動費は実機訓練で実際に使用した燃料の量などに応じて精算で確定します。

なお、変動費は燃料単価(1リットル当たりの価格)の変動や実際の使用量(飛行時間や燃費に依る)に応じて変わるため精算払いとしているのですが、効率良く訓練を実施し、計画よりも短い総飛行時間で卒業できれば余る可能性があります。民間航空操縦士訓練学校では余った変動費は全額お返しします。

教育訓練費(委任料)の詳細は、弊社ウエブサイトからダウンロードできますので、こちらをご覧ください。

民間航空操縦士訓練学校 第3期生 教育訓練費及び算定基準

午後は契約書の読み合わせ。各条文を丁寧に説明しました。

この契約書には、午前中に説明した委任料の納付と受領についてはもちろん、不幸にして退学せざるを得なくなった場合などの委任料の返納についての条文も含まれています。契約内容を正しく理解し、十分にご納得いただくことが、安心して訓練を受けていただくための必須の条件だと、弊社では考えています。

民間航空操縦士訓練学校は、今年の10月2日(月)に第3期生を迎え入れることになります。JGAS鹿児島フライトトレーニングセンターの教官も、そしてバックヤードを支える東京事業所のスタッフも、より安全で、より充実した訓練を提供できるよう日々奮闘しています。

今後とも民間航空操縦士訓練学校を宜しくお願いいたします。


そして、第3期生のみなさん!

プロ・パイロットになるための訓練は、もう始まっています!

プロとして飛ぶ - その強い意志を持ち続けること - これこそが、就活を支える大事な要素ですが、入校までに合格していただく自家用操縦士技能証明の学科試験、また航空無線通信士の資格取得も、あなたの本気度を試す、就活の、そして訓練の一環なのです。

目標に向かって、共に頑張りましょう!

その他、民間航空操縦士訓練学校についてのご質問・ご相談・お問い合わせは、メールやお電話でお受けしております。こちらよりお気軽にお問い合わせください。


民間航空操縦士訓練学校

]]>
Thu, 08 Jun 2017 09:00:00 +0900
<![CDATA[レッドブル・エアレース2017]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/06/329 6月3日・4日(土日)、千葉県の幕張海浜公園で、レッドブル・エアレースが開催されました!

日本(千葉)では3年連続の開催です。昨年のレースの模様については、こちらのブログでレポートしています。

昨年、地元日本で初優勝を果たした室屋義秀選手が、今年も大きな注目を集めました。

また、弊社が代理店を務めるアメリカの航空機メーカー、シーラス・エアクラフト社がスポンサーになっているマイケル・グーリアン選手も、室屋選手と同じレースに参戦しました。


6月3日(土)の予選では、各選手が本戦と同じコースを2回飛び、そのうちのベストタイムを元に、本戦のスタート順と対戦相手が決定されます。

今回の予選はタイム差1秒以内に8人ものパイロットがひしめく大混戦になりました!

予選トップ通過はカナダのピート・マクロード選手。室屋選手は4位、グーリアン選手は7位で予選を終えました。

どのパイロットも、不規則に吹くこのコース特有の風に苦戦したようで、ノーペナルティで終えたのは、マクロード選手、室屋選手、グーリアン選手、フアン・ベラルデ選手の4人だけ!本戦は波乱が予想されます。


6月4日(日)の本戦は天候に恵まれ、清々しい青空の下、今年も多くの観客が詰めかけました。

まず行われたのは、1対1のペアがタイムを競う「Round of 14」

室屋義秀選手は、昨年マスタークラスに昇格した新進気鋭のチェコ人パイロット、ペトル・コプシュタイン選手と対戦。

結果、室屋選手のタイムは0:55.590秒、コプシュタイン選手のタイムは0:55.597秒。

わずか0.007秒の差で、室屋選手が勝利しました!

レッドブル・エアレース 室屋義秀選手
室屋義秀選手、Round of 14でのフライト

マイケル・グーリアン選手の対戦相手は、スロベニア人パイロットのピーター・ポドランセック選手。

グーリアン選手のタイムは0:56.380秒、ポドランセック選手のタイムは0:56.008秒・・・になるかと思いきや、エアゲートの間を水平に通過できなかったため2秒のペナルティが与えられ0:58.008秒に!

結果、グーリアン選手の勝利となりました!

レッドブル・エアレースでは、速さを競うだけでなく、緻密なコントロールも必要となります。

レッドブル・エアレース マイケル・グーリアン選手
マイケル・グーリアン選手、Round of 14でのフライト
 
シーラス社のロゴが描かれたグーリアン選手の機体
シーラス社のロゴが描かれたグーリアン選手の機体

Round of 14の最速タイムは、唯一の54秒台(0:54.787秒)を叩き出した、チェコ空軍のパイロット、マルティン・ソンカ選手でした。


次に行われたのは、Round of 14で勝った7名のパイロット、及び敗者の中で最速タイムを記録したパイロットが、再び1対1のレースを行う「Round of 8」

風が強くなってきて、ますます波乱の予感がしてきました。

室屋義秀選手の対戦相手は、過去2シーズン連続で総合2位を記録しているオーストラリア出身のマット・ホール選手。

先攻の室屋選手は好タイムを叩き出したかに思えましたが、エアゲートの間を水平に通過できなかったため2秒のペナルティが与えられ、0:56.964秒に!54~56秒のあいだで0.1秒を争うレッドブル・エアレースでは、56秒を大きく超えてしまうと勝利は相当厳しくなります・・・。

後攻のマット・ホール選手が非常にレベルの高いフライトを見せたため、会場の誰もが室屋選手の勝利を諦めかけましたが・・・なんと、パイロン通過中に上昇を始めたということで、ホール選手にも2秒のペナルティが与えられ0:57.295秒になり、結果、室屋選手が勝利を収めました!

勝負は最後までわからないものですね!

レッドブル・エアレース 室屋義秀選手
室屋義秀選手、Round of 8でのフライト

一方、マイケル・グーリアン選手の対戦相手はRound of 14で最速タイムを記録したマルティン・ソンカ選手。

グーリアン選手は0:55.018秒と好タイムを叩き出しましたが、後攻のソンカ選手のタイムは0:54.900秒!

まさに0.1秒を争う勝負で、残念ながら敗退してしまいました。

レッドブル・エアレース マイケル・グーリアン
マイケル・グーリアン選手、Round of 8でのフライト

Round of 14に引き続き、唯一の54秒台を叩き出したソンカ選手のタイムがRound of 8で最速になりました。


最後に行われたのは、Round of 8で勝利した4名が、1本勝負で飛行タイムを競う「Final 4」

ついに迎えた決勝戦!

最初にフライトしたのは室屋義秀選手。ミスのない完璧なフライトで0:55.288の好タイムを叩き出します!

レッドブル・エアレース 室屋義秀選手
室屋義秀選手、Final 4でのフライト

2番手のペトル・コプシュタイン選手は、0:55.846秒と、惜しくも室屋選手には及びませんでしたが、マスタークラス昇格後初の表彰台を獲得しました。

レッドブル・エアレース ペトル・コプシュタイン
ペトル・コプシュタイン選手、Final 4でのフライト

3番手のマティアス・ドルダラー選手は素晴らしいフライトを見せていましたが、まさかのパイロンヒット!3秒のペナルティが与えられ、結果0:57.943秒と4位に沈みました。

レッドブル・エアレース マティアス・ドルダラー
マティアス・ドルダラー選手、Final 4でのフライト
 
レッドブル・エアレース パイロン修復
パイロン修復中の様子。スタッフがボートで乗り付け、すぐに新しいパイロンを膨らませます。

最後にフライトしたマルティン・ソンカ選手は、Round of 14、Round of 8で、ともに最速タイムを記録しているパイロット。

Final 4でも圧巻のフライトを見せ、優勝を決めるかと思いきや・・・。

エアゲートの間を水平に通過できなかったため2秒のペナルティが与えられ、最終タイムは0:56.533秒!

レッドブル・エアレース マルティン・ソンカ
マルティン・ソンカ選手、Final 4でのフライト

この瞬間、室屋選手の優勝が決まりました!

レッドブル・エアレース、室屋義秀選手の優勝に湧く観客
室屋義秀選手の優勝に湧く観客

これで室屋義秀選手は、昨年に引き続き、ホームレース二連覇を成し遂げました!

さらに、先日行われた第2戦のサンディエゴに続く連続優勝で、室屋選手はキャリア初の世界ランキング首位に立ちました!

ワールドチャンピオン争いでは、各レースの順位に応じてポイントが与えられます。室屋選手とマルティン・ソンカ選手が、共に30ポイントで並んでいますが、優勝回数2回の室屋選手が、1回のソンカ選手より上位になっています。

ただしソンカ選手は、今大会のRound of 14、Round of 8で最速タイムを記録し、Final 4でもペナルティが無ければ優勝を決めていた手強い選手。今後も激しい戦いが繰り広げられそうです。ワールドチャンピオンへの道は平坦ではありません。

もちろん、今回は惜しくもRound of 8で敗退したマイケル・グーリアン選手をはじめとする他の選手たちにも、チャンピオンになる可能性は十分残されています。

次回第4戦は、現地時間の7月1・2日、ハンガリーのブダペストで行われます。後も熱い展開から目が離せませんね!

]]>
Tue, 06 Jun 2017 16:25:34 +0900
<![CDATA[教官自己紹介]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/06/01/328 還暦をはるか昔に超えた操縦教官候補で新入社員の小川です。

前職、前々職はエアラインで大型機を操縦していましたが4月からJGAS鹿児島事業所へ単身赴任してきました。 

小型機を仕事で飛ばすのは、前々職で赴任した米国ナパ以来です。

エアラインを離れて約2年間のブランクを取り戻すべく任用訓練で汗を流しながら訓練に励んでいます。

私が担当する機種は ダイアモンド社製 DA42NG 双発機です。

DA42NG

GFRP,CFRP 製の綺麗な機体で高性能。

唯一の欠点はエアコンが非装備なこと!

これからの季節はサウナ状態のコックピットで我慢しなければなりません。

任用訓練を早く終え、前々職での経験を活かして教官として前途有望なパイロット訓練生と一緒に学んでいこうと思っています。

民間航空操縦士訓練学校

]]>
Thu, 01 Jun 2017 09:00:00 +0900
<![CDATA[今週末はレッドブル・エアレース!]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/05/29/327 6月3日・4日(今週の土日)、千葉県の幕張海浜公園で、レッドブル・エアレースが開催されます!

レッドブル・エアレースとは、国際航空連盟(FAI)公認の飛行機レース世界選手権。プロペラエンジンのレース機に乗ったパイロット達が、超低空でスピードを競う大迫力の航空レースで、「世界最速のモータースポーツ」「空のF1」とも呼ばれます。

高さ25mのエアゲートが複数立てられた全長約6kmのコースで行われるタイムレース!最高時速は370km、最大重力加速度は10Gに達します!

ただし、エアゲートを通過する際に既定の姿勢を守らないとペナルティを与えられたり、最大重力加速度が10Gを超えると失格になるなど、緻密なテクニックも必要となります。

2017シーズンは世界各地8ヶ所でレースが行われます。3年連続開催の日本(幕張)は第3戦。各レースごとに順位に応じたポイントが与えられ、シーズンを通じて最多ポイントを獲得したパイロットが総合優勝者「Red Bull Air Race World Champion」となります。

レースに参加するパイロットは14人。第3戦で最も注目を集めるのは、昨季、地元日本で初優勝を果たした日本人パイロット・室屋義秀選手でしょう。

今季の室屋選手は、先日サンディエゴで行われた第2戦で優勝し、キャリア2勝目をマーク。現在の総合順位は3位です。

この勢いに乗って、今年も地元優勝を見せてくれるでしょうか!?


そしてもうひとり、弊社社員が注目しているのは、弊社が代理店を務めるアメリカの航空機メーカー「シーラス・エアクラフト社」がスポンサーになっているマイケル・グーリアン選手です。

何度かイベントでお話を聞く機会がありましたが、とても気さくなナイスガイです。

青空に映える白い機体に、シーラス社のロゴが輝いていますので、ぜひご注目ください!

グーリアン選手は、第1戦、第2戦、いずれも予選を2位で通過したものの、Round of 8(準決勝)で惜しくも敗退しています。現在の総合順位は8位。今度こそはFinal 4(決勝)に進みたいところです。

ちなみにグーリアン選手は、シーラス社が販売している小型飛行機「シーラスSR22T」のオーナーでもあります。エアレースの開催期間以外は、SR22Tで、ご家族とフライトを楽しんでいるとのことです。

シーラス機を紹介する動画にも出演していただいています。レース中の大迫力映像と共に、グーリアン選手の愛機SR22Tが映っています。

ちなみにグーリアン選手の愛機は、シーラス社がカスタマイズした特別仕様になっています。今季はこちらの動画に登場する姿とはまた異なる素敵な塗装になっています。シーラス社からの公式発表がありましたら、ぜひご紹介したいと思います。

2017シーズンは、第2戦終了時点で6人のパイロットが表彰台に登る混戦模様を呈しています。好調の室屋選手を始め、誰が優勝するかはまったく読めない展開になっています。

6月3日・4日(今週の土日)の開催まで一週間を切りましたが、5月29日現在、まだチケットを購入できます。ご興味のある方は、レッドブル・エアレース公式サイトをご覧ください。

今から大会が待ち遠しいですね!!

レッドブル・エアレース公式サイト
http://www.redbullairrace.com/ja_JP

]]>
Mon, 29 May 2017 09:00:00 +0900
<![CDATA[Vision JetがEASAの型式証明を取得!]]> http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2017/05/25/326 シーラス・エアクラフト社が開発した小型単発ジェット機Vision SF50(通称:Vision Jet)が、EASA(欧州航空安全機関)の型式証明を取得しました!

Vision Jet は、2016年10月末にFAA(米連邦航空局)の型式証明を取得し、12月末から米国内の一般顧客向けのデリバリーが始まっています。

そしてこの度、EASAの型式証明取得を受けて、ついにヨーロッパへのデリバリーが開始されました。

今後は、日本をはじめとする世界各国で、順次型式証明の取得手続きを進めていく予定です。

シーラス社が「パーソナルジェット」と呼ぶVision Jetは、自家用の小型プロペラ機とビジネスジェットとの隙間を埋める、革新的な小型ジェット機です。

ビジネスユースに耐えられる性能を備えていながら、小型プロペラ機とほとんど変わらない大きさの機体はフットワークが軽く、ビジネスシーンにおけるVIPの移動手段にも、ご家族・ご友人とのレジャーにも最適です。

また、自家用パイロットが操縦できることもVision Jetの大きな特徴です。

オーナー様自身が機体を操縦する場合は、プロのパイロットを雇う必要がないため、コストをかけず、より柔軟に移動することができます。もちろん、高性能なジェット機を操縦するという体験自体も、他では味わうことができない特別なものです。

安全面では、同社のSRシリーズですでに実績のある緊急用パラシュートシステム「CAPS」を標準装備することで、エンジンが複数ある多発機に勝るとも劣らない安全性を実現しています。

Vision Jetは世界各国で既に多数の予約が入っており、日本では総代理店を務める弊社がご予約を受け付けております。

今後も最新情報が入り次第、こちらのブログでご報告させていただきますので、ご期待ください!

CIRRUS JAPAN

]]>
Thu, 25 May 2017 10:06:49 +0900